お客様の声

お客様の声

東京農大コミュニティは、東京農大生のナマの声を伝える受験生向けのコミュニティサイトです。 現在のコンテンツは、「掲示板」、「ブログ」、「ムービー(携帯対応)」、ネット上に流れる学校のニュース、 ブログ、twitterなどの記事を紹介する「トレンド」、そして2010年7月にアップした研究室を横断的に紹介する 「ぐるぐる研究室」で構成されています。
2006年4月の立ち上げから、試行錯誤しながら今の形になりました。

おかげさまで、いろんなメディアでとりあげていただけるようなコミュニティサイトに成長しました。

今回は、そんな東京農大コミュニティの立役者、入試センターの芳野公一 様にお話を伺いました。

Q.コミュニティサイトをはじめようと思った経緯を教えてください。

大学のサイトにあまり魅力がない...というのが始まりでした。一番ひどいと思ったのはガイドブックに載っている内容がそのまま載っているようなWEBサイトがまかり通っている現状でした。

そんな中、一番面白かったのが、非公式ながらも学校の裏サイトでした。学生のリアルなナマの声が入っているので面白いと思いました。公式サイトで、そういう生の声が引き出せる箱を作ってあげればという思いでコミュニティサイトの設置を考えました。

Q.最近、大学のWEBサイトを評価する機関が増えましたが、アクセシビリティを考慮するは
とても大事だと思いますが、反面、どうも大学のWEBサイトが均一化されている印象は否めません。

そうですね。どうしても、担当者のレベルで、予算を申請したりする際に、そういった機関のスコアというのは、ある意味分かりやすいとはいえます。
ただし、目線が評価機関ばかり向いたサイト設計を続け、コンテンツの充実をはからないとユーザビリティは高いかも知れませんが、リピートされないリスクがあります。

Q.コミュニティサイトを作ってみて成果はどんな感じですか?

顔の見える大学広報という目的は、だいぶ達成出来ていると思います。受験生も順調に増えています。
もちろん、ネットは大学広報のすべてではありません。単なるフックといってもいいかもしれません。

他の大学では、資料請求の数を気にされていると聞くことが多くありますが、農大は『大学訪問をゴール』にしています。以前は、予約をしないと学内の見学ができませんでした。せっかく大学までリーチして来た人を返していたわけです。今は、学生をつけて30分ほど案内させるようにしました。 また、職員が必ず30分以上説明するようになりました。

コミュニティサイトをはじめ、なんらかのクリエイティブをみてアクセスしてきた受験生予備軍をちゃんとフォローして大学に入学してもらえるところまでを視野に入れています。そういう意味では、大学に来てもらうとう最終ゴールのために、ネットとリアルの世界でプラスのスパイラルをつくりあげていくことが大切だと思っています。

Q.コミュニティサイトを運営するうえで、立ち上げ、運用面で不安があるという方にアドバイスをいただけますでしょうか。

WEBサイトは生き物を育てるのと一緒です。観葉植物のように業者さんに新しいものと取り替えてもらえば一番楽なのですが、それではサイトは育ちません。自分たちで木を育てる勇気があるかどうか、そういう覚悟があるかどうかが問われると思います。

よく学校という組織の壁があるので、なかなかコミュニティサイトは...とよくいう方が多いのですが、それは組織の壁ではなく、ご自身の壁では?と思うことがあります。

1. お金が無い  2. 人的サポートがない  3. 組織の壁があつい

よく聞く言葉ですが、ご自身の壁を壊すことから始めましょう。やりようはいくらでもあります。切り口次第なんです。私自身も特別難しいことをやっている感覚はありません。来た質問(投稿)に対して答える仕組みをつくっているだけです。

ただし、毎日やり続けること。これが大切です。農大コミュニティと同じことをやってもだめだと思います。

あくまで、自身の大学の特徴を見極め、強みを伸ばす方向で育てることが重要なことです。

Q.ちょっと聞きづらいのですが、コミュニティサイトの制作にあたり、弊社に発注された理由を教えてください。

とにかく、メディアチャンネルさんは仕事が早い。そして、みなさんスペシャリストである。これにつきます。大きい会社だとレスポンスが悪いことがままあります。実際に制作者の方と話をするのに3日かかったりすることもありました。
そんなことをやっていたら時代のスピードに対応できません。そういう意味でメディアチャンネルさんを大学広報におけるWEBパートナーとして選ばせていただきました。

担当の芳野さんの頭の柔らかさ、企画力、実行するバイタリティは、企業人の一人として、本当に勉強になります。
これからも志の高い受験生を一人でも多く獲得できるようWEBサイト経由でバックアップさせていただきますので、 今後ともよろしくお願いいたします。
お忙しい中、ありがとうございました。

2010年9月2日 株式会社メディアチャンネル
代表取締役 末吉正成

 サイトタイプ別
 クライアントタイプ別
 その他、素材開発
  • Flash開発
  • ガジェット開発
  • デジタルパンフレット制作

サービス 映像企画制作

  • 大学紹介映像制作
  • 企業紹介映像制作
  • プロモーション広告制作

サービス システム開発

  • 携帯動画変換システム
  • 新着情報管理システム
  • 権限管理システム

サービス データ解析

  • WEBアンケート設計
  • CGM分析
  • データ解析研修サービス

Copyright(C) 2010 Media Channel,Inc. All Rights Reserved.